引張試験の重要性

ねじ部品

今回の記事の、この引張試験という名前のワード。 これは理系や工学や工場や、または工業系大学の研究関係の試行実験や試験などにおいて馴染みのある人達ならば、この試験の名前には詳しいかもしれません。 ですが、そういう分野にあまり馴染みのない人の中には、この試験の読み方をインチョウシケンと読む事もあります。 私自身も若い頃は読み間違えた経験があります。 これは特にねじりも無く、普通に「ひっぱりしけん」と読むワードで、前述の通りの分野などで多用されるワードでもあります。 引張試験とは文字通り、引っ張る試験です。 この言葉だけでは意味が伝わらないので一例を引き合いに出すと、例えれば新規開発の命綱のワイヤーロープがあるとします。

物理学においては軸というモノがあります。 これは数学で3次元状態からの縦・横・上下・奥・手前と大雑把に言えば全方向の前提を置いたとします。 そしてこのワイヤーロープを引張試験を行う際には、この全方向において様々な考えられる事例を元にマニュアルを形成し、そのマニュアルの内容に沿って耐用試験を行い基準をクリアする、これが引張試験の一例となります。 つまり横から来る何かしらの力、そして単純に命綱は下の重力に対して耐え得る能力が必要とする旨の部分など、そういう点を新規開発した何かしらの部品や道具などにおいて行う試験が引張試験と言う事です。 これは全方位とぼかしていますが、専門用語で弾性係数や比例限度や降伏点など、色々とあります。 引張試験とは、そういう開発物次第では色々と試験項目も違う一種の実験であるとも言えます。