直感的な操作の重要性

ギア

タッチモニターは現在、福祉施設でも様々な活用方法がなされています。まずは、施設で生活しているお年寄りを集めるレクリエーションの場や説明の場で有効に使われています。日常で行われている体操や健康に関する知識を深めるための講演会等、色々な場で説明を補助するものとして応用出来ます。タッチモニターはそれ一つだけで利用が可能なので、他の機器を準備したり移動させる手間を省く事が出来ます。それはスタッフの労働を減らす事にも繋がりますし、スペースを広めるためにも使えます。普段忙しくそうした準備を行っている介護現場にいる方は、是非導入を考えてみて下さい。忙しくて需要が高まっている職場だからこそ、最新機器による効率の良い働く環境づくりが考えられています。

タッチモニターはスマホの機能に代表されているように、若者の間で使われている印象も強く、難しいイメージも少しあります。しかし、最近では高齢の層にも普及しつつあり、非常にバリアフリーな存在となって来ています。介護施設では、老人が頭の体操をする教育プロジェクトの一環として使われている所もあります。漢字の問題を出題し、そのふりがなを書いてもらったりする事で、ボケを防止します。高齢の方達が老後の暮らしを快適に、そして何より頭を使いながら楽しく過ごすために導入が進んでいるのです。タッチモニターは何も使いにくいわけではなく、手で触ってペンで字を書くような感覚で操作が可能なものです。年齢や能力に捉われず、色々な現場で応用してみましょう。