会社の税理業務は税理士に委託しよう|事務所選びが重要

メニュー

税に関するプロとは

男の人

仕事の内容

個人事業主の中には、確定申告書類の作成に頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。個人事業主が行う青色申告は面倒な作業が多く、仕事を中断して作成する場合もあります。このような場合には大阪の税理士に依頼すると便利です。青色申告を作成する時は、会計作業をきちんしておく必要がありますが、忙しくて手が回らない事業主もいます。大阪の税理士はこれらの作業を行ってくれますので、煩わしい作業から解放されます。申告時期には、依頼主の代理で青色申告書類を作成して税務署に提出してくれます。また、消費税の申告書類作成や届け出なども同時に行ってくれますので、出し忘れミスを防止することができます。提出した確定申告書類に対して税務署から問い合わせや調査が入る場合は、大阪の税理士が依頼主の代理で対応しています。更に、税務署の決定に不服がある場合は、依頼主に代わって申し立てを行います。確定申告以外でも税に関係する様々な相談に乗る業務は税理士の役割になります。これらの業務は税理士にしかできない独占業務で、それ以外の人が行うことは禁止されています。税金が正しく納められるようにアドバイスするのが税理士の業務なのです。税理士は高齢者の後見人を担う役割もしています。近年では、認知症などで金銭の管理が出来ない高齢者も増えているため、税理士は各自治体と連携し対応しています。高齢者との関わりの中には、相続税の問題も発生してきます。この場合も、関係各所と連絡を取りながらスムーズに解決するようにお手伝いしています。様々な税のことで悩んだら大阪の税理士に相談することをお勧めします。

Copyright© 2017 会社の税理業務は税理士に委託しよう|事務所選びが重要 All Rights Reserved.